肥料の使い方例

【肥料の使い方例】

土に活力をお使い続けていただくことで多くの微生物の力により、古く痩せた土地や化学肥料・連作障害等で劣化した土壌を活性化し植物を育てる事の出来る土壌に改良できます。また、保水性に優れており、土を柔らかくする効果があります。

※ここでご紹介している使用事例はほんの一例です。使用方法、数値等は目安であり実際に育てる植物の種類や育てる場所・気温・温度・日照条件など、ご利用環境によって変化します。お客様のご利用環境に合わせてお使いください。

■ご利用になる前に気を付けてほしいこと■ ■使用料の目安一例■
■追肥方法の一例■ ■古い土の再利用方法■
 ■ご利用になる前に気を付けてほしいこと■
「土に活力!発酵肥料」は多くの微生物の力により 生成されており、製品を撹拌したした時等の微生物が再活性化し、通常より温度が高くなる場合があります。あまり温度が高いと植物に影響が出てしまう場合があるため、ご利用環境にもよりますが、通常の場合、半日~3日ほど寝かすことで落ち着いてきます。初めてご利用の際は、肥料および、土の温度変化に注意してお使いください。  

※開封時ににおいが気になることがありますが、品質には何の問題もありません。
※製品に白いカビ菌が発生している場合がありますが、有用菌の一部ですので製品の異常ではありません。安心してお使いください。

Topに戻る

■使用料の目安一例■
 ■プランターの場合土づくりは市販の赤玉土、黒土等をブレンドした物に対して、「土に活力!発酵肥料!!」を1~2割程度混ぜ合わせると効果的です。

配合一例 赤玉土5:黒土3:活力2

 

 ■畑の場合は1坪あたり約15kg~30kg(0.5~2袋分)を撒いて耕してください。  

 ※上記は目安ですので、土の状態や栽培する植物に応じてご利用料を調整してください。

■「土に活力!発酵肥料!!」は有機肥料なので、化学肥料と違い、多少肥料をあげ過ぎてもゆっくり程よく効いてくるので安心です。

Topに戻る

■追肥方法の一例■
■追肥は、作物の周りに「土に活力!!発酵肥料」を約0.5~1cm程の厚みで撒きます。
■後は通常通り水をあげればゆっくりと程よく効いてきます。
■花が咲きだした時や、実がなり始めた時にこのように追肥していただくとより効果を実感いただけます。

Topに戻る

■古い土の再利用方法■
■古い土や痩せて土、未分解の土などをビニールシート等に広げ天日干しします。
■天日干しした土に対して、約2~5割程度の量の「土に活力!発酵肥料!!」を入れます。
■スコップなどでよく混ぜます。
■雨の当たらない場所に置き、1~2週間程度寝かせます。
■栄養たっぷり、元気な土の出来上がり!!

Topに戻る

●みんなを元気にする肥料 https://www.e-hiryou.comでは良い肥料をお届けします。